Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 472

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 487

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 494

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 530

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/cache.php on line 103

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/query.php on line 21

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/theme.php on line 623
馬鹿全 - CSharp Archive

Home > CSharp Archive

CSharp Archive

FlashDevelop.jp 勉強会 No.1


Deprecated: Function split() is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-content/themes/wp.vicuna.ext/functions.php on line 358

FlashDevelop.jp の勉強会やりました!
初の企画でみなさんどんなネタを持ってくるのか非常に楽しみでしたが、
初めてにしては有意義な会になったのではないでしょうか。

さて、今回の資料を公開します。
資料は以下から。

Continue reading

FlashDevelop Macro ExecuteScript で無限の可能性


Deprecated: Function split() is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-content/themes/wp.vicuna.ext/functions.php on line 358

FlashDevelop 3.0.0 RC3 から Macro が追加された。
今回はそれについて勉強してみようと思う。

さて、Macro ではどんなことができるのか。
http://www.flashdevelop.org/wikidocs/index.php?title=Macros
を読んでみる。
まぁ簡単に説明すると、
「マクロを使うことで FlashDevelop で行う処理をショートカットに割り当てたりできますよ。」
的な感じだと思う。
どんな感じで書くかというと

<Command>|<Parameters>

と書く、最初にコマンドを入れて、次にパラメータを入力する。

コマンドはどんなのがあるのかというと以下のコマンドが実行できる。

  • ExtractZip|<File>
    ZipFile を解凍して、 FlashDevelopHome の Templates の中に入れる。
  • ExecuteScript|[<Mode>;]<File>
    C# で書かれたスクリプトを実行する。
  • RunProcess|<File>[;<Args>[...;<Args>]]
    プロセスを実行する。引数をつけることもできる。
  • RunProcessCaptured|<File>[;<Args>[...;<Args>]]
    RunProcess と同じだがキャプチャしながら実行できる。
  • PluginCommand|<Command>[;<Args>]
    プラグイン全部にコマンドを送ることができる。
  • ScintillaCommand|<Command>
    Scintilla エディターコンポーネントのメソッドを呼ぶことができる。
  • SaveAllModified[|<Extension>]
    現在開いているすべての変更があったファイルをセーブすることができる。Extension に指定した拡張子のファイル、またはすべて。
  • NewFromTemplate[|<Extention>[;<TemplateFile>]]
    新しいファイルを作る。テンプレートを指定することもできる。

[] で囲まれている部分は省略可。
他にもあるらしいよ。

なんといっても ExecuteScript が一番便利!っていうかやれる幅がほかのとは違う。
ほとんど何でもできるといっていいのでは?と思うくらい。

今回はこの ExecuteScript コマンドを説明しようと思う。

Continue reading

Home > CSharp Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top