Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 472

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 487

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 494

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 530

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/cache.php on line 103

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/query.php on line 21

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/theme.php on line 623
馬鹿全 - メモ Archive

Home > メモ Archive

メモ Archive

AdobeMax2011とかFP11とかAIR3とか。自分の為のリンク集


Deprecated: Function split() is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-content/themes/wp.vicuna.ext/functions.php on line 358

情報多すぎなんじゃー!Adobe Max 2011!
情報が多すぎてまとめきれないので、ここでは何も説明しません。
とりあえず、俺が見るためのリンク集です。
見やすいリンク集は誰か有名な人がやってください。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Adobe Premiere CS3 の BSOD クラッシュについて


Deprecated: Function split() is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-content/themes/wp.vicuna.ext/functions.php on line 358

Adobe Premiere CS3 を使用していると、カナリの頻度で BSOD クラッシュが起きていた。

BSOD とは ブルースクリーンオブデス(Blue Screen Of Death) と言って Windows User なら見たくない画面。
その画面が出た瞬間に今までの作業が水の泡となり、再起動を余儀なくされ、
運が悪いとそのまま起動しないと言うアレだ。
その他 Red Screen や Green Screen などもあるらしいが(Windows以外)当記事とは関係ないのでコレくらいにしておこう。

Adobe Premiere Pro CS3 で BSOD クラッシュが起きる状況は画面上をマウスが移動する際に多い。
その為ビクビクしながら作業を行い、カナリの頻度でセーブを繰り返していた。

高い金払って買ったのにコレは何だ!!!と頭にきていてついに多分30回目ぐらいの BSOD クラッシュが起きた時にサービスセンターに連絡しようと思った。

が思いとどまった。

サービスセンターに居る人だって忙しいはず。
何もせずに質問ばかりしていてはだめだと思い、自分で調べることにした。
まずは自分の環境が悪いと決めて、悪いところが見当たらなかったらソフトのせいにすれば良いじゃない。
あせったときこそ心にゆとりを持ちましょう。

色々と調べてみた結果。
どうやらグラフィックボードのせいじゃないかと思い、とりあえずグラフィックボードのドライバを再インストールしてみた。
すると、なんと BSOD が出ない!!!

一つの動画を編集するのに平均5回以上 BSOD クラッシュが起きていたのに夢のようだ!!

BSOD クラッシュが起きていた原因こそ分からないものの、とりあえずコレで何とかなりそうだ(´ω`)めでたしめでたし。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Soundbooth の作業容量


Deprecated: Function split() is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-content/themes/wp.vicuna.ext/functions.php on line 358

メモ程度ですが

Adobe Soundbooth を使っているとものすごい速さで HDD が消費されていく。
そのためノイズをとろうとしたときに「容量不足です。現在の作業を保存して再起動してください。」的なエラーが出る事がある。
再起動してもそれは解決されないが以下のディレクトリのファイルを削除すると直る。

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Adobe\Soundbooth\1.0\Media Cache Files\Backup.MACC

カナリ容量が食われるので定期的に削除したほうが良いかも。

テスト


Deprecated: Function split() is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-content/themes/wp.vicuna.ext/functions.php on line 358

ソースを載せるテスト

/**
* ...
* @author JC
* @version 0.1
*/

package  {

    import flash.display.Bitmap;
    import flash.display.BitmapData;
    import flash.display.Sprite;
    import flash.events.Event;
    import org.papervision3d.cameras.Camera3D;
    import org.papervision3d.materials.ColorMaterial;
    import org.papervision3d.objects.DisplayObject3D;
    import org.papervision3d.objects.Plane;
    //import org.papervision3d.scenes.Scene3D;
    import org.papervision3d.scenes.MovieScene3D;
    import flash.events.MouseEvent;
    import caurina.transitions.Tweener;

    public class Test3D extends Sprite {

        private var container: Sprite;
        private var scene: MovieScene3D;
        private var camera: Camera3D;
        private var world: DisplayObject3D;

        private var p: Plane;
        private var edgeSize: int = 200;
        private var seg: int = 8;
        private var valX: int = 0;
        private var valY: int = 0;
        private var isClick: Boolean;

        public function Test3D() {
            addEventListener( Event.ADDED, init);
        }
        private function init(e: Event): void {
            this.isClick = false;
            removeEventListener( Event.ADDED, init);
            stage.quality = "HIGH";
            stage.scaleMode = "noScale";

            this.container = addChild(new Sprite()) as Sprite;
            this.container.x = stage.stageWidth / 2;
            this.container.y = stage.stageHeight / 2;

            this.scene = new MovieScene3D(this.container);
            this.camera = new Camera3D();
            this.camera.z = - this.edgeSize / 3;
            this.camera.x = this.edgeSize / 2;
            this.camera.y = this.edgeSize / 2;

            this.world = this.scene.addChild(new DisplayObject3D("world"));
            this.p = this.world.addChild(
                new Plane(
                    new ColorMaterial( 0xCC3300 , 2, {doubleSided: true}),
                    this.edgeSize, this.edgeSize,
                    this.seg, this.seg
                )
            ) as Plane;
            //this.scene.renderCamera(this.camera);
            this.container.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_DOWN, onClick);
            addEventListener(Event.ENTER_FRAME, doEnterFrame);
        }

        private function onClick(e: MouseEvent): void {
            if (this.isClick) {
                Tweener.addTween( this.container, {
                    scaleX: 1,
                    scaleY: 1,
                    time: 1,
                    transition: "easeOutElastic"
                });
            } else {
                Tweener.addTween( this.container, {
                    scaleX: 3,
                    scaleY: 3,
                    time: 1,
                    transition: "easeOutElastic"
                });
            }
            this.isClick = !this.isClick;
        }

        private function doEnterFrame(e: Event): void {
            this.valX += this.container.mouseX / 50;
            this.valY += this.container.mouseY / 50;
            this.world.rotationY = this.valX;
            this.world.rotationX = this.valY;
            this.scene.renderCamera(this.camera);
        }

    }

}

どうだしょ。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ビンゴ必勝法


Deprecated: Function split() is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-content/themes/wp.vicuna.ext/functions.php on line 358

どうも、最近忙しくてブログがかけない JC です。

ねむ。。。。

今回は So-net 横断ビンゴについての必勝法のメモ。

やりかたは簡単。
↓を夕方くらいにクリックすればOK

こっちはLiveSearch

こっちはGoogle

こっちはMooter

こっちはGoo

こっちはYahoo!

こんだけあればどっかにあるwww
複数件表示されるが、特に問題はないだろう。
それっぽいのをクリックすればOK。
前回はこの方法で楽勝にポイントゲットw
ポイントは、夕方ぐらいにクリックすること。
クローラーが引っ掛けてきて表示されるのがそのあたり。
こんなん自力で探すだけ時間の浪費w
楽しましょw

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

safari 3 public Beta


Deprecated: Function split() is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-content/themes/wp.vicuna.ext/functions.php on line 358

首が痛い。。。どうも JC です。

何か Safari 3 public β版 がでてました。
メモです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

CREATIVE FREEDOM 自由X自在 に行ってきた


Deprecated: Function split() is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-content/themes/wp.vicuna.ext/functions.php on line 358

おはようございます。ぐっすり寝すぎて今度は多眠症かと思うくらいのJCです。

昨日はうちの会社の CTO の S田 さんと
「CREATIVE FREEDOM 自由×自在」 Adobe CS3 発表記念イベントに行ってきました。

場所は品川駅からすぐ。
基調講演は聞き逃したが、第一回「Videoセッション」、第二回「Webセッション」を聞いてきた。

「Videoセッション」
Adobe Production Premium がメインとなるこのセッションでは、
撮影、キャプチャ、加工、編集、配信 の順で説明が行われた。

まずは撮影。
ココでは新たに CS3 から登場した OnLocationCS3 (以降 OL)がデモされた。
PC に HDV カメラをファイヤワイヤで接続し、OL上で操作が可能。
撮影中の音、映像、撮影した音、映像を精密に表示が可能。
波形も似た、ベクトルスコープなどのモニタリングツールを使用し、撮影時のトラブルを避け撮影することが可能になった。
モニタリングしながら、人がアクションを起こし始めてからの撮影や、何秒か前からの撮影が可能。
更に、キャプチャの際には Premiere Pro (以降Pr) との連携で キャプチャの時間がカナリ短縮できる。

次はキャプチャ、編集 を行う Premiere Pro (以降Pr)
今までは 撮影した映像を Pr でキャプチャしていた。
その際には、1時間撮影すると、その時間分の時間がキャプチャ時間に上乗せさせられていた。
しかし、 OL と Pr の連携により、その時間は短縮され、 OL から即 Pr への読み込みが可能になった。
新機能としては、
タイムリマップ・タイムワープ。 After Effect でもおなじみのスローモーションにしたり、
 ストップさせたりということが Pr でもできるようになった。
・ エフェクトのかかったクリップを入れ替えする際に、そのエフェクトごと入れ替えができる。
・ さらに、 AfterEffect (以降AE) との連携で、 AE のコンポジションを
 そのまま Pr へ持ってくることができるようになった。
 これは、ダイナミックリンクであり、ソースではないが、プレビューもそのままできる。
 その AE のコンポジションを AE側で編集すると、そのままコンポジションは変更される。

次に加工。
ここでは AESoundBooth (以降SB)、そして Ultra (以降Ul)が登場。

SBは音関係の加工を行う。
スペクトル表示したビジュアル的にノイズの削除が行える。
ノイズを消す際には、PhotoShop に通じるものがあった。
「オートコンポーザー」機能ではスコアを元に強さ、メロディー、ボリュームを設定し、自動的に作曲を行える。
「オートコンポーザー」で使えるスコアは標準で 40種類。
さらに 有料でダウンロードすることもできる。
そこでは効果音も 無料/有料 でダウンロードすることができる。

AF は動画の加工を行う。
新機能としては
・ Illustrator の ドローイング機能が追加された。
 シェイプレイヤーにベクターで描画が可能。
・ ブレインストーム
 ネタに煮詰まったときにランダムにパターン出しをしてくれる。
 エフェクトの使い方がわからない場合にも使える。
・ パペットツール
 画像をアニメーションさせる場合に使用する。
 パペットピンツールを使い 画像のポイントを選択し、そこを軸に画像を引き伸ばしたり、
 動かしたりすることができる。
 名前の通り「パペット」を動かす感覚でドラッグでアニメーションさせることができる。
 エレメントの前後関係も、深度を変更する感じで変更することもできる。
・ バニッシングポイント
 PhotoShop バニッシングポイント を設定したファイルを書き出し、
 AE に読み込むと 3Dコンポジション のようにして扱える。

Ul は簡単に DV素材のクロマキー合成が可能になった。
少ししか紹介されなかったが、かなりすごい。

そして配信
ここでは Encore (以降En) と Device Central (以降 DC) が紹介された。
En は DVD のオーサリングツール。
DVD のメニューなどを作成することが可能。
その作り方も、ラインでつなぐなど、視覚的に編集することができる。
さらに、そのメニューを SWF ファイルとして、DVD のビデオを FLV ファイルとして書き出すことが可能。
Blu-ray にも対応。

DC はケータイ向けのコンテンツのシミュレートができる。
電池残量、電波状況、時間、周辺環境などを変更したりできる。
さらに、実機のCPU の状況を再現することもできる。便利そう。

 

「Webセッション」
Webセクションは、主に Web Premium の製品を中心にデモが行われていた。
企画、制作、配信 の順で説明が行われていた。

まずは企画。
ここでは FireWorks (以降 FW) が紹介されていた。
FW が無くならなくてよかったですねw (私信)
FW の位置づけは 企画立案~デザイン~プロトタイプ製作。
クライアントと、実際に動きを確認しながらの制作ができるようになった。
新機能としては、
・ ページ機能
 単一文章内(PNGファイル)に複数のページを作成できる。
 そして、そのレイヤーを共有できる。
・ 階層レイヤーのサポート
 複数のレイヤーをグループ化して整理することができる。

次は制作。
ここでは FlashDreamWeaver (以降 DW)が主に紹介されていました。

まずは Flash 。
新機能から紹介。
・ Illustrator との連携。
 今まで異なったベジェ曲線だったが Illustrator と共通になり、
 イラレからのインポートが楽になった。
 今まではぐちゃぐちゃになったり、グラデーションが崩れたりしていたが、そういうことが無くなった。
・ PhotoShop との連携
 今までできなかった階層をそのまま Flash へということが可能になった。
 インポートする際に、MC 化することも可能。
・ FlashType
 PhotoShop からインポートする際に 編集可能な 文字データとして読み込めば、
 Flash で編集可能でさらに ベクターの文字で編集することができる。
・ アニメーションの再利用
 MCにつけたモーションなどをコピペし、再利用することが可能になった。
・ エフェクトをそのまま素材交換
 ブラーなどのエフェクトをかけた素材を交換するときに、ブラーはそのままで
 素材のみ交換することができるようになった。
・ ワークスペースが広くできるようになった。
・ デバッガがパワーアップ
 エラー箇所をダブルクリックでその箇所へ移動
・ ActionScript 3.0 に対応。
・ FLV の読み込み
 AE、Pr などとキューポイントを共有できるようになった。
 全画面表示、字幕つきなどが簡単にできるようになった。
・ アニメーションをActionScript に変換できるようになった。
いろいろと新機能がありすぎてすごい。
早く欲しい。

次に DW。
新機能としては
・ PhotoShop から レイヤーをコピペできるようになった。
 PhotoShop のファイルを DW にインポートし、 ドラッグ&ドロップ でもできる。
・ AJAX 開発もできる
 Ajax のフレームワーク の Spry を使用して、ダイナミックなユーザーインターフェイスを
 視覚的にデザインできる。
・ Spry のフィールドチェック機能。
 フィールドチェック機能を使うと、フォームのチェックとかを簡単に設定できる。
 たとえば、ここには メールアドレスを半角で入れて欲しいという場所には
 プルダウンでチョチョイと指定してやるだけでOK。
・ CSS
 ブラウザの互換性チェックが可能。
 そのチェックでエラーが起きている部分に対してどうすればいいのか、
 などが一目瞭然でわかるらしい。
 さらに CSS初心者のために、テンプレートも多数有り。

配信は Videoセクションでも出てきた DC などを紹介していた。

 

一時間ずつのセクションだったが、もっと聞きたかったなぁ。
このセクションが終了した後、ゲームで賞品がもらえるのがあり、参加してもらってきた!
賞品はこれ。
Adobe Tシャツ!


赤と白のをもらってきたヽ(´▽`)ノ

100個限定らしい。まだ着てない。

出てみて。
いろいろな新機能を目の当たりにして、正直全部欲しくなった。
あとは、もうちょっと時間の余裕が欲しかった。
質疑応答とかもあればよかったのに。
Windows Vista と Intel Mac に対応していたが、Vista では何回か落ちていたw
でも、アプリケーションが開くまでにやたら早い。
どんなCPUを使ってたのか?
それとも、ほんとに早いのか?
気になることいっぱいでした。
とりあえず、Tシャツもらえてよかった(笑

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > メモ Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top