Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 472

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 487

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 494

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 530

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/cache.php on line 103

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/query.php on line 21

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/theme.php on line 623
馬鹿全 - FlashDevelop 4.2.0 RTM リリース

Home > FlashDevelop > FlashDevelop 4.2.0 RTM リリース

FlashDevelop 4.2.0 RTM リリース


Deprecated: Function split() is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-content/themes/wp.vicuna.ext/functions.php on line 358

つい先日FlashDevelop4.1.0 RTM がリリースされましたが、もう FlashDevelop4.2.0 RTM のリリースがきてました。
土日と忙しかったものでリリース情報が遅れましたが、今回も和訳していきたいと思います。

今回もメジャーリリースだったことに驚かれる方もいらっしゃるかも知れませんが、
今回のリリースにはメジャーアップデートを必要とする新規機能の追加をすることにしました。

ジェネリックプロジェクト(*.fdproj)。
これは新しいタイプのプロジェクトで、コードブロック、ポスト、実行コマンド、ウェブサイトやコンパイルが必要なプロジェクトを意味します。
たとえば TypeScript プロジェクトなどがそうです。

また、このバージョンからシンタックスカラーリングテーマをアップデートすることを推奨します。
そして、拡張機能の動作に少しの追加と変更を加えました。(詳しくは後述します)

もし、FlashDevelop 4.0.0 Beta 以前のバージョンからアップデートする場合は Beta 版のリリース情報を参照してください。

ダウンロードは以下から
http://www.flashdevelop.org/community/viewtopic.php?f=11&t=10089

詳細は以下から

バグ修正と改善

  • ドイツ語のローカライズの更新
  • AIR SDK 3.5 と FlashPlayer11.5 のサポート
  • シンタックスカラーリングコンフィグファイルを *.xml ファイルのみを読み込むように変更
  • 新しいテーマをインストール後、シンタックスカラーリングコンフィグをリロードされるように変更
  • 新しいジェネリックプロジェクトタイプの追加。(*.fdproj)
  • Git/Mercurial を変更。
  • AIR プロジェクトに -swf-version コンパイラオプションを追加。
  • ベーシック補完のバグ修正、および改善。
  • FDBuild に環境変数が設定できるように拡張。

その他小さなバグ修正。

クレジット

  • ir73 & zobo : デバッガとコードジェネレータ周り
  • Griz & matsumos & Josu : ローカライズ

日本語ふるいよー!(今週末時間取れそうなのでやりたいです)

Mac/Linux の仮想化

ブリッジ http://www.flashdevelop.org/community/viewtopic.php?f=9&t=7621
コレはアルファ版の機能です。

将来のプラン

  • モバイルプロジェクトの統合
  • プロジェクトの解決完了

その他気づいたところなど

拡張機能について

概要

FlashDevelopの拡張は ZIP ファイルを fdz 拡張子に変更して使います。
FlashDevelop がアーカイブのコンテンツを取り出し、指定の場所に自動的に配置します。
通常の ZIP ファイルを作るようにアーカイブツールを使用し、拡張子を ZIP に変更するだけです。

使い方

アーギュメントはこちらを参照
http://flashdevelop.jp/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88
こちらの全てが仕様可能です。
インストールされているファイルのいずれかが既に存在し、FlashDevelop によってロックされいるバイナリファイル(FDL,FDB,dllファイルなど)を更新した場合は、FlashDevelopがチェックし、再起動を要求します。

シンタックスカラーリングの拡張は、拡張がインストールされている場合、コードエディタの色付け設定をリロードして新しいものに更新することを FlashDevelop に伝えるため、ファイル名にテーマをつけて使用する必要があります。またシンタックスカラーリングは完全に動的であり、言語別のディレクトリの XMLファイルファイル以外は無いので、それを上書きすることでシンタックスカラーの変更、追加ができます。

サンプル

http://www.flashdevelop.org/wikidocs/index.php?title=Extensions
のサンプルにあるFDZをダウンロードしてダブルクリックでデフォルトのシンタックスカラーになるよ!

自分独自のシンタックスカラーを配布したい場合はシンタックスカラーリングの設定をエクスポートしたFDZファイルを配布すればおk。

Home > FlashDevelop > FlashDevelop 4.2.0 RTM リリース

Search
Feeds
Meta

Return to page top