Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 472

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 487

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 494

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 530

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/cache.php on line 103

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/query.php on line 21

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/theme.php on line 623
馬鹿全 - ActionScript Worker を FlashDevelop で遊ぶ方法

Home > ActionScript3.0 | FlashDevelop > ActionScript Worker を FlashDevelop で遊ぶ方法

ActionScript Worker を FlashDevelop で遊ぶ方法


Deprecated: Function split() is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-content/themes/wp.vicuna.ext/functions.php on line 358

今日 FlashPlayer11.4 のベータ版がリリースされ、ActionScript Worker が使えるようになりました。
ActionScript Worker の詳しいことは Akabana さんのところで書かれているのでそれを参考にしてください。
http://akabana.info/2012/07/17/actionscript-workers-0/

現在最新の FlashDevelop4.0.4 RTM では FlashPlayer11.3 用の SWF までしか書き出せませんが、
この記事では FlashDevelop で遊ぶ為の方法を紹介したいと思います。

詳細は以下から

必要なものを用意する

FlashPlayer と playerglobal.swc をダウンロードしてくる。
http://labs.adobe.com/downloads/flashplayer11-4.html

ダウンロードしてきた FlashPlayer は SWF に関連付けを行ってください。
手っ取り早い手として、FlashDevelop の メニューから

「ツール(T)」 → 「環境設定(P)」 → 「FlashViewer」 → 「External Player Path」

をダウンロードしてきた FlashPlayer に変更します。
ダウンロードしてきた playerglobal.swc は FlexSDK の frameworks\libs\player に入れます。
その時、現在の FlashDevelop4.0.4 RTM では FlashPlayer11.3 までしか設定が無いので 11.0 などの中にある playerglobal.swc の中をバックアップし、FlashPlayer11.4 用の playerglobal.swc で上書きします。
※ FlashPlayer11.0 を使う案件とか無いし、あってもたぶん 11.3 だと思うから、とりあえず 11.0 にしてみている。
「追記あり:FlashDevelop に FP11.4 の項目を出現させる」

プロジェクトを作る。

コレは普通に AS3 Project で良いでしょう。
プロジェクトを作ったらメニューから

「プロジェクト(P)」 → 「プロジェクト設定(P) 」

でプロジェクト設定ウィンドウを開きます。

「書き出し」タブのプレーヤーバージョンを先ほど playerglobal.swc を上書きしたバージョンに変更します。
「SDK」タブでは SDK を先ほど playerglobal.swc を上書きした FlexSDK に設定します。
「コンパイラー設定」タブでは Additional Compiler Options に -swf-version=17 を設定します。

あとは「適用(L)」ボタンをクリックして「OK」ボタンで設定完了です。
試しに var worker: Worker と打ってみてください。
無事補完が利けば完了です。

注意

FlexSDK の playerglobal.swc を上書きしていることを忘れないようにしましょう。

追記:FlashDevelop に FP11.4 の項目を出現させる

@shr_em さんが FP11.4 を追加してくれました!

FlashDevelop4.0.3 用でしたが FlashDevelop4.0.4 でも動きました。

もしかしたら何か問題が起こるかも知れないので、必ず自己責任で行うこと。
コレを導入した場合に起きたバグは、本家でも、作者のさはらんさんでも、FlashDevelop.jp でも、扱えませんのでそのことを充分理解してダウンロードしてください。

あ、あと11.0(または10.0)が選べなくなってしまうので注意。

使い方

https://dl.dropbox.com/u/79149322/add11.4.zip
これをダウンロードしてくる。
FlashDevelop を起動している場合は一旦閉じる。
Program Files の FlashDevelop ディレクトリの Plugin の中から ProjectManager.dll を探し、バックアップを取っておく。
プラグインディレクトリにダウンロードしてきた ZIP を解凍して上書きする。
FlashDevelop を起動する。
あとは、ブログ記事の通りです。

Home > ActionScript3.0 | FlashDevelop > ActionScript Worker を FlashDevelop で遊ぶ方法

Search
Feeds
Meta

Return to page top