Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 472

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 487

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 494

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 530

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/cache.php on line 103

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/query.php on line 21

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/theme.php on line 623
馬鹿全 - FlashDevelop4.0.0 βテスト

Home > AIR | ActionScript3.0 | Flash | FlashDevelop > FlashDevelop4.0.0 βテスト

FlashDevelop4.0.0 βテスト


Deprecated: Function split() is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-content/themes/wp.vicuna.ext/functions.php on line 358

FD4 の βテストが開始しました!
ぜひ参加してバグ報告などしていきましょう。

このリリースは私たちが予想したより時間がかかってなかなか進まなかったので、次のメジャーリリースには多くの機能リリースを盛り込むことにしました。
このリリースには将来実装したい機能の全てに関わるコアの変化を含むので、ここから開発を上手く進めていくことができるはずです。私たちは(熱愛や崇拝の対象となるという意味での)商品のようなものを目指して開発していますし、これからもアップデートしていくつもりです。
よいメジャーリリースができるように、バグや提案を積極的に報告してください。

FD4は、FD3のプラグインとの互換性はありあせん。FD3から導入する方は、クリーンインストールする必要があります。

ダウンロードは以下から
Community testing for FlashDevelop 4.0 Beta…
(http://www.flashdevelop.org/community/viewtopic.php?f=9&t=8281)

和訳手伝ってくれた(むしろ中心になってくれて俺がお手伝い状態でしたがw) @matsumos さんありがとうございました!
なので俺は機能紹介を全力で。

もし英語に自信がないって方は FlashDevelop.jp のフォーラムに詳しく報告してください。
まとめて報告しておきます。

詳細は以下から

新機能

新しいコード生成/補完機能

バグの改善/改良点

  • Flash CS5.5 に対応
  • FP10.3 、11 をサポート
  • Flash CS 連携用 JSFL を改良 & エラー出力のキャプチャ
  • AS3 コンパイラーの警告で、コンパイルを停止しないように改良
  • Haxe のコード生成、補完を改善
  • Flashログビューアの出力をリライト
  • “Always compile” を “Set Document class” へと名称変更(日本語ではとくに変更していません)
  • コード生成により生成されるメソッドの場所を指定するための設定項目を追加
  • スニペットを改善
  • ローカライゼーションの改善
  • プロジェクトテンプレートの改善
  • フォルダーを指定してファイルの検索で、隠しファイルを無視
  • インストーラーから AIR SDK をダウンロード・インストール可
  • プロジェクトマネージャーファイルテンプレートにカスタムネームを付加
  • AS3 の関連ファイルタイプ(デフォルトでは *.as, *.mxml) を変更/追加が可能。
  • マクロを FD 上で編集するための C# カラーリングの追加

プラグイン開発者へ向けた改善

  • グローバルショートカットマネージャー
  • 新しいシステムイベントの追加、システムの改善
  • プロジェクトごとのキー/値ストレージ
  • マクロマネージャーにスクリプトの初期化機能を追加
  • いくつかの新しい Scintilla の機能 (CopyWordなど)
  • その他のバグ修正、小さな機能や改善を施しました

貢献者

  • ir73 & zobo: デバッガーとコード補完の改善
  • i.o: 補完リストのUIと機能の改善
  • Frederico Garcia: FDFlexFormatter プラグイン
  • FlashDevelop.jp: 編集にかかわる機能の改善
  • froggerjohn: Scintillaにかかわる機能の改善
  • Griz & matsumos: ローカライゼーション
  • Sam A: AirProperties プラグイン
  • k24: Mercurial のサポート

Mac/Linux 上での仮想化

ネイティブヘルパー(ブリッジ)
これはアルファ段階の機能です
http://www.flashdevelop.org/community/viewtopic.php?f=9&t=7621
残念ながら Mac 環境が無いので確かめられません。
(絶賛日本語記事募集中)
ブリッジの大雑把な概要。(若干古いので注意)
http://togetter.com/li/76409

このリリースでは未実装の機能

  • よりよいモバイルプロジェクトの統合
  • プロジェクトソリューション機能

以上です。
それぞれを詳しく説明していきます。

AS3 デバッガを大幅に改善

かなり優秀になってきているようです。
今まで表示されなかった部分なども表示されています。

FD4 のデバッガ

FD4 のデバッガ

プロジェクト SDK, プラットフォーム、アウトプットの管理等の書き直し

FD4 からプロジェクトごとに使う FlexSDK をあらかじめいくつか登録しておいて
FlexSDK のバージョンを簡単に切り替えて使用することができるようになりました。

ツール(T) → 環境設定(P) [F10] → AS3Context → Installed FlexSDKs
を編集すると以下のようなリスト編集画面が現れます。

FlexSDKの登録

FlexSDKの登録

追加(A)ボタン をクリックして、右側の Path で FlexSDK のルートパスを指定し、OK ボタンをクリックすると、FlexSDK のルートにある flex-sdk-description.xml を見て FlashDevelop が勝手に名前を付けてくれるので便利。
Redtamarin プロジェクト等で、別SDKがある場合でも flex-sdk-description.xml を自分で書いてしまえば
上の画像のように登録できます。

プロジェクトで使用する FlexSDK を設定する場合は、
プロジェクト(P) → プロジェクト設定(P) → SDK → インストールされた SDK
を選択すれば簡単に設定できます。

FlexSDK の選択

FlexSDK の選択

今までのような「あのプロジェクトはFP9だからあっちのSDK、このプロジェクトはFP10.2だからこっちのSDK」のようなわずらわしい設定はいりません。

プロジェクトのクリーニング機能の追加

それほど体験して無いのですが、時々 fcsh がキャッシュしすぎて、ソースの変更が反映されないということが起きるそうです。
その場合
プロジェクト(P) → プロジェクトのクリーニング(C)[Shift + F8]
で、fcsh がキャッシュしたオブジェクトなどを一旦削除できます。

SWF/SWC 内部のサイズ表示機能

SWF や SWC の内部のサイズを表示できます。
以下のようにどこにどれくらいの容量を使っているかがわかります。
最初のフレームが重くなりすぎていないかなどを簡単に確認することができます。

SWF や SWC の容量表示

SWF や SWC の容量表示

Mercurial(HG) をサポート

Mercurial(HG) と呼ばれる SVN をサポートしました。
今までは Tortoise GIT、または Tortoise SVN のみでしたが、新たに Mercurial(HG) が加わりました。
設定は
ツール(T) → 環境設定(P) [F10] → Source Control → HG
の項目を設定すれば使えるようになります。

プロジェクトツリーから直接「ソースパスに追加」が可能

デフォルトでは src がソースパスとして設定してありますが、
それ以外(例えば後で作った、hoge というディレクトリ) を右クリックすると「ソースパスに追加(S)」という項目が現れます。
ソースパスに追加することで補完が効くようになります。

リファクタリング・コードフォーマッターとして FDFlexFormatter プラグインを統合

待望のコードフォーマッターが追加されました。
設定は
ツール(T) → 環境設定(P) [F10] → CodeFormatter
設定項目が非常に多いので、こちらは別途記事を書きましょう。(絶賛募集中)

AIR アプリケーションの設定プラグインを統合

AIR プロジェクトで面倒だった application.xml を GUI で管理できます。
AIR プロジェクトを作成し、
プロジェクト(P) → AIR アプリケーション設定(A)
AIR アプリケーション設定ウィンドウが開きます。

AIRアプリケーション設定ウィンドウ

AIRアプリケーション設定ウィンドウ

こちらも設定などが多くなるので、別途記事を書きましょう。(絶賛募集中)

ショートカットの一括管理機能を追加

これも要望が多かった「ショートカットの一括管理」がついにできるようになりました。
今までは XML を編集するなどして、さらにバージョンアップの度に書き換えが必要だったりと面倒でした。
しかし、これからは一箇所で一括管理が可能です。超便利。
ツール(T) → キーボードショートカットの編集(H)

ショートカットマネージャ

ショートカットマネージャ

ショートカットがバッティングしていた場合も、警告を出してくれるので設定して「あれ?動かない」って事もなくなります。

イベントハンドラーの自動ネーミング機能 : addEventListener(event, [Ctrl+Shift+1]

イベント名から自動的にイベントハンドラの名前をつけてくれます。
ネーミングルールとしては 「イベントターゲット名」+ _ + 「イベントタイプ」といった形です。

イベントハンドラー自動ネーミング機能

イベントハンドラー自動ネーミング機能

関数のパラメータからクラスフィールドを生成

引数を選択して コードジェネレータ [Ctrl + Shift + 1] で「フィールドに設定する」という項目が現れます。
デフォルトでは _ + 「パラメータ名」 というネーミングで作成されますが、_ の部分は
ツール(T) → 環境設定(P) [F10] → ASCompletion → Prefix fields when generating from parameters
を変更することで、前につける文字列を変更できます。

引数をクラスフィールドへ

引数をクラスフィールドへ

メソッド/コンストラクタの宣言の変更

コードジェネレータ [Ctrl + Shift + 1] 引数を変更することができます。

コールバック型の補完

以下のように記述することで変数の関数にコードヒントを表示することができます。

コールバックコードヒント

コールバックコードヒント

コード生成により生成されるメソッドの場所を指定するための設定項目を追加

ツール(T) → 環境設定(P) [F10] → ASCompletion → Methods Generation Location
で変更が可能です。

スニペットを改善

スニペットがいくつか追加されていました。
例: $(Boundaries) は空白を含めることができます


その他気付いたところ

ロゴ、トップ、ヘルプのデザインが変わっています。

FD4 のトップデザイン

FD4 のトップデザイン

FD4のヘルプデザイン

FD4のヘルプデザイン

←FD3 ロゴ FD4 →

←FD3 ロゴ FD4 →

新規プロジェクトパネルのデザインも変わってます。

新しいプロジェクトの作成ウィンドウ

新しいプロジェクトの作成ウィンドウ

何かあれば追記します。

Home > AIR | ActionScript3.0 | Flash | FlashDevelop > FlashDevelop4.0.0 βテスト

Search
Feeds
Meta

Return to page top