Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 472

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 487

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 494

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-settings.php on line 530

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/cache.php on line 103

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/query.php on line 21

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-includes/theme.php on line 623
馬鹿全 - 2008-05

Home > Archives > 2008-05

2008-05

1=2

  • 2008-05-26 (月)
  • blog
  • hatena button
  • hatena count
  • save this page del.icio.us

Deprecated: Function split() is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-content/themes/wp.vicuna.ext/functions.php on line 358

ちょっと笑ったので載せておく。

1=2 って何?
1≠2 が正解のはず。
じゃあ本当に 1≠2 なのか Action Script で実験してみよう。

var a: int = 0.1;
var b: int = 0.2;
a *= 10;
b *= 10;
if (a==b) {
trace(”1 = 2″);
} else {
trace(”1 ≠ 2″);
}

これを実行すると 1 = 2 と表示されます。
特に意味は無いんだけどねw

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Flash Player 10 + FlashDevelop で遊ぶ (2)


Deprecated: Function split() is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-content/themes/wp.vicuna.ext/functions.php on line 358

風邪で4日程寝込んでる間に世の中は変わっていた。
急いで追いつかないとと思って色々見ていたら FlashDevelop のフォーラムに
Flash Plyaer 10 サポートのバージョンがあがっていると情報を入手。

それを確かめてみた。

Beta なのをお忘れなく。自己責任でどうぞ。

新しくなったところ

  • Project Properties のところで Flash Player 10 を選択できるようになった。
  • コンパイラオプションにマイナーバージョンを設定できるようになった。
  • Flash Player 10 のフォーマットの SWC にサポートした。
  • Vector タイプの補完にサポート
  • Vector タイプだけじゃなくて Flash Player 10 で採用されたタイプは補完可能になっているっぽい! 全部確かめたわけじゃないが、rotationX とかが補完できるようになっていて感動!

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

FlashDevelop + Flash Player 10 で遊ぶ


Deprecated: Function split() is deprecated in /virtual/jessejds/public_html/blog.bk-zen.com/wp-content/themes/wp.vicuna.ext/functions.php on line 358

ども。おひさしぼりです。

[追記] 新しい情報が入りました!> http://blog.bk-zen.com/2008/05/23/63/

さて、先日 Flash Player 10 Beta が出たとの事。
Twitter のログが凄いことになってきたので、俺も遅れながら波に乗る。
以前から ActionScript の開発環境には Flash Develop を使用しているので Flash Develop で
Flash Player 10 に対応した SWF の開発をしてみる。

揃えるもの

  • Flash Player 10 Beta
  • Flash Develop 3.0.0 Beta7 (現時点で最新版)
  • Flex SDK 3.0.1.1728

まずは Flash Player をインストールしないと何も始まらんからね。
ダウンロードしてこよかー。
http://labs.adobe.com/technologies/flashplayer10/
ここからダウンロードしてくる。
※ インストールする際は Beta であることを忘れずに。
以前インストール済みの Flash Player がある場合はアンインストーラーが同ページにあるのでそっちでアンインストールしてからインストールしてください。って。書いてあった。
FlashDevelop で開発する際には、IE 用の Flash Player をインストールするといい。
Flash Player がインストールし終わったら、Flash Player のバージョンを一応確認しておこう。
http://www.adobe.com/jp/support/flashplayer/ts/documents/tn_15507.htm
ここで確認できる。

さて、次は Flex SDK の準備。
以下から最新版をダウンロードしてくる。
http://opensource.adobe.com/wiki/display/flexsdk/Download+Flex+3
ダウンロードしたら適当に展開して、C:\ とかにおいておく。

Flex SDK の frameworks\flex-config.xml をいじる。
XML ファイルを 適当にテキストエディタで開いて編集する。
約 16行目
<target-player>9.0.115</target-player>

<target-player>10.0.0</target-player>

約 51 ~ 53行目
<external-library-path>
<path-element>libs/player/9/playerglobal.swc</path-element>
</external-library-path>

<external-library-path>
<path-element>libs/player/10/playerglobal.swc</path-element>
</external-library-path>

約 68 ~ 72行目
<library-path>
<path-element>libs</path-element>
<path-element>libs/player/9</path-element>
<path-element>locale/{locale}</path-element>
</library-path>

<library-path>
<path-element>libs</path-element>
<path-element>libs/player/10</path-element>
<path-element>locale/{locale}</path-element>
</library-path>

次は bin\jvm.config の設定。
同じくテキストエディタで適当に開いて編集。
約 31 行目
java.args=-Xmx384m -Dsun.io.useCanonCaches=false

java.args=-Xmx384m -Dsun.io.useCanonCaches=false -Duser.language=
ja -Duser.region=JP

さて、Flash Develop に関しては 以前のエントリーを参考にして欲しい。
http://blog.bk-zen.com/2008/04/21/61/

実際作ってみる。
Flash Develop を開いて新しいプロジェクトを作る。
Flex 3 プロジェクトなど、 AS3 のプロジェクトなら何でもおkだと思います。
さて、Main.as を編集する前に、もう2つ設定しておこう。

プレビュー設定。
Project -> Properties -> Test Movie を Play in tab とかにしておくといい。

コンパイラ設定。
Project -> Properties -> Compiler Option -> Custom Path to Flex SDK のところで設定しておくと、このプロジェクトだけに設定できるので、俺はそうしてます。まだ β なんで一応ね。

さて、作ろうか。
タイピングをして、その Flash Player 10 を体感!!
って思いきや、補完が利かない。
まぁ、それは仕方ないので Spark Project の 新 API を参考にしながら、書いてみるといいよ。


package {
import flash.display.Sprite;
import flash.events.Event;

/**
* …
* @author bk-zen
*/
public class Main extends Sprite {

public function Main() {
graphics.beginFill(0×006699);
graphics.drawRect(-50, -50, 100, 100);
graphics.endFill();
this.x = 300;
this.y = 200;
this.addEventListener(Event.ENTER_FRAME, onEnterFrame);
}

private function onEnterFrame(e:Event):void {
this.rotationX += 0.5;
this.rotationY += 0.3;
this.rotationZ -= 0.4;
}

}

}

デモ(要 Flash Player 10)
こんなん書いてみた。
ただぐるぐるするだけだけど、Flash Player 10 を体感できる。
わかり次第色々報告しましょ。

Home > Archives > 2008-05

Search
Feeds
Meta

Return to page top